FC2ブログ
おしゃれ大好き、お出かけ好き。 スローライフを送ることに憧れる、男の子と女の子の二児ママ。毎日の育児そして犬との生活を紹介します。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まさかの事態
2013年04月13日 (土) | 編集 |
休日に調子の悪かった主人は治り、出張へ。
ところが、私が9日昼過ぎから調子が悪くなってきて、
その夜には8度5分の熱が。

ゾクゾクし、この体の痛み。
かつて経験したことのある感覚・・・。

あぁ、インフルエンザかも。
とりあえず子供たちもいるので、ご飯を作りお風呂に入れ・・・。
主人居ないし、きっついわ。

毎晩の実家への電話で状況を母に伝え、
体の痛みに悶えながら寝ました。

翌朝、こーちんを幼稚園に送り出す支度をしていると、
母から一通のメールが。
「もうすぐ着くから」
???
何が? えっ、着く? 母が?

頭が働かないのに、このメール。
状況を理解するまでにかなりの時間が掛かりました。

新幹線ですっ飛んできてくれました。
一気に気が抜けました。

フラフラになりながら、りらちんを母に預け病院へ。
熱性痙攣で手は痺れ半分硬直したような状態。
車のハンドルまともに握れず大変でした。
恐る恐る運転して病院ヘ行き、受付で状態を伝えると隔離部屋へ。
寒いし、座っているのも辛く、息をするのさえ苦しいくらい。

インフルエンザ検査の結果、A型が出ました・・・。

そりゃ出るわ、と思いつつも、
医師はA型が出たことに驚き、感染経路をあれこれと聞かれました。
どうやらインフルエンザが終息したこの時期、
まれに出るのがB型で、
A型は年明けすぐに感染者を見なくなったとか・・・。

もう、正直どうでもいいです。
私が罹ったのは事実ですから。

薬局でその場でタミフルを吸引させられ、
変わらず痙攣した手で運転し帰宅。

母にこーちんのお迎えや、りらちんのお世話は任せ、
即寝ました。
寝て寝て寝まくり、翌朝にはだいぶ楽に。

こーちんやりらちんに移したくはないのですが、
りらちんは私と同室じゃないと寝ないので、仕方なく一緒に。

昨晩主人も帰宅し、今日やっと私も本調子に。
が、りらちんはお熱。
ついにきたかぁ・・・。

愛知に戻る母を駅まで送りつつ、りらちんの病院へ。
やはり感染していました。
タミフルを飲ませしばらく安静にさせます。

残るはこーちん。
どうか移りませんように!!

ばぁちゃん、遠い所わざわざ来てくれてありがとうね。
嬉しかったよ。ホント、助かりました。
こーちんも思いも寄らず会えたことに大喜びでした。
1353nnss.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。